スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日陰バラまとめ1


バラを栽培して何年たつでしょう。。。
10年以上になるやも、しれません。

なにぶん不器用なので、失敗ばかり。
ここ数年で、なんとか満足の行く開花となりました。

そこで、日陰でもバラを諦められない方の
一助となればと思い、これまでの
「栽培の記録」を書いてみました。

お写真がないので、ちょっと無味乾燥ですが、
お許しを~。

(お花の様子は、左欄・カテゴリの「日陰のバラ」を
クリックすると、記事をまとめてご覧になれます。)

我が家は4~6月はわりに日照が望めるのですが、
それ以外は1時間当たるかどうか、という環境です。


「わりに」と申しますのは、データを取ろうと
必死で観察しても、
煙のごとくつかめないためです。

ご近所の家屋のスキマからの陽射しは、
忙しくあたったり、かげったり。
10分もすれば、もう変わります。

しかも、1つのバラのこちらの部分に当たったか
と思うと、今度はあちら、といった具合。

これが更に、季節を追って変化していきます。

なので「わりに」はざっくり、
南花壇⇒一日のコマ切れ合計で、5時間ほどでしょうか?

今でも自信を持って、お話できないのです。。。

東花壇はより過酷です。
来春、もう一度計測に挑戦します。

この条件下では、鉢バラはどんどん弱り、ついには枯死。
(ベランダすら日照時間が足りず、ムリでした。)
地植えのみ、生き延びるチャンスがあります。

苗の大きさは、大苗以上のみ。
新苗、小さな挿し木苗は、はかなく消えてしまいます。

地植えにした、
「ショート・クライマー」状の子たちだけが生き残り、
期待に応えてくれました。


「半ツル」または「長めのシュラブ」とも分類される
グループです。

実際の品種はこちらをご覧ください。
日陰バラまとめ2(←クリックしてね。)

一番花はそこそこ咲き、毎日ブーケを1つ2つ、
どなたかにプレゼントできます。

2、3番花はぽつぽつ。
このころになると、スロはバラを見る元気がなくなるので、
放置状態です。(←もう見てない。)

4番花、秋花もぽつぽつ。
それでも十分、しあわせです♪

しかし木立性、ブッシュタイプと呼ばれるバラは、
どんどん弱り、命尽き果ててしまいます。

(特に小型の子は早いです。)

かつて、イングリッシュ・ローズの
ザ・プリンスと、フェア・ビアンカに魅入られ、
張り切ってお迎えしました。

どちらもコロンコロンのカップ咲で、
つぼみから香り出す、魅惑の品種です。

両方とも2本づつ、
鉢と地植えで育ててみたのですが。。。

(鉢でうまく行かず翌年は地植に挑戦、
またはその逆といった具合に。)

過酷な日照不足のため、枯死させてしまうか、
ギリギリで、花友さん宅へと救出されました

他に、申し訳ない目に合わせてしまった
ER(イングリッシュ・ローズ)は、
「レディ・エマ・ハミルトン」「プリティ・ジェシカ」。

これら4種は、小型の木立性でした。

木立性の例外は、中型のシャリファ・アスマ。
140cmくらいあり、ずっと元気で花付良好です。

※追記(11/26)
今年は、繁栄するアブラハム・ダービーの陰になり
弱らせてしまったため、お嫁に出しました。
 

アンブリッジも現在状態が悪く、冬の堀上までどうか
がんばってほしいと、祈っています。

ほかに、樹形が今一つ把握できなかったのですが、
「シェイクスピア2000」も弱らせてしまいました。

唯一のHTは、香りに魅かれた「パパ・メイアン」を
枯らせました。

FLは、絞り系「タイガー・ストライプ」「アラベスク」
が犠牲に。
(ほかに「ブルー・バユー」「ブラスバンド」も)

今は、半ツルで、タイガー・ストライプのようなバラに
出会えないか、夢見ているところです。

FLの例外は、アイス・バーグ。
年々素晴らしくりっぱな木に育ち、
お花を見せてくれました。

ブロッコリーのように樹形がまとまり、
軽い散髪のような剪定で済むのです。
ただ、日照不足で、秋のお花はありませんでした。

(どうしても香りが苦手で、
お嫁に出してしまいました。。。)

生まれて初めて買ったバラ苗で、今はなき、
名門「駒場バラ園さん」にて求めたものです。

今思えば、苗は素晴らしい品質でした。
ある本によると、バラ育ての結果の半分は、
苗選びで決まるそうです。

バラに関してはお安い苗で、失敗をしてきました。
高いお勉強代でしたが、今は身になっています。

以来、スロが信頼して苗をお願いするのは、
日本橋三越 チェルシーガーデンさんです。

夏の終りには決断を固めて、予約注文しないと品切れも。

発送もして下さいますし、講習会を受けたり、
屋上とは思えない、見本庭園に酔いしれるのも、
楽しいです♪

スロの日陰バラ園が存続?しているのは、もうひとかた、
「るいさん」のおかげです。

陶器絵付師にして小さなボク+チワワン4匹のママさん、
「日陰同盟」創設者・会長です。

とっても素敵な方で、日陰栽培記録の素晴らしいHPを
お持ちです。(日陰の掲示版が楽し~♪)

笑いと知恵で、日照不足の悲観を吹き飛ばせること
請け合いです。

日陰同盟(←クリックしてね。)

保護猫ちゃんたちに応援のポチ、頂ければ幸いです。
(↓一日1クリックお願いします♡)

にほんブログ村 猫ブログ 猫 里親募集へ
にほんブログ村

いつもありがとうございます。




スポンサーサイト
Secre

プロフィール

スロ

Author:スロ
◇ ◇ ◇ ◇
埼玉南部在住。

頸椎症で人並みに
動けませんが、
何かできることが
あるはず。。。

家族は主人、
殺処分を免れた
Gシェパードと
ミックス猫2匹です♡

ブログ内の情報は
自己責任にてご利用
願います。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。