スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コアラ@埼玉こども自然動物園

2013年1月7日(月)

「ペットショップへ行く前に。。。」
保護猫ちゃんたちに応援のポチ、頂ければ幸いです。

にほんブログ村 猫ブログ 猫 里親募集へ
にほんブログ村(←1日1クリックまで有効です♡)


今朝の順位⇒ 49位でした。


バラ、お花、ワンちゃんで来て下さったみなさんも、
いつもありがとうございます。


◇   ◇   ◇   ◇   ◇   ◇


マヌルネコにつづき、動物園のそのほかの動物たちを
アップしていく予定です。



コアラ舎へ。

広いドームと、ゆったりしたお庭つきです。


DSC_0059_20130106180042.jpg


木が組んであり、コアラちゃんはみんな
木の上で眠っています。。。

夜行性なので、コアラにとって、昼は真夜中なのです。

この子はドームのてっぺんの、かなり高いところに。
落ちたら、命にかかわるでしょう。

しかし落ちないヒミツがあります。
動物園に行って、確かめてみてくださいね。


DSC_0064_20130106180041.jpg
おやおや、真夜中だというのに。。。

この子はお食事中です。
唯一の食べ物、ユ-カリをぱくぱく。

木に新鮮なユーカリの枝が挿してあり、
いつでも食べられるようにしてあります。


DSC_0052_20130106180041.jpg
こちらも、ぐっすり~。


DSC_0054_20130106180040.jpg

前から見ると、おひざに赤ちゃんをだいています!

オレンジのしるしがお母さんの左目と鼻。
黄色が赤ちゃんの左耳です。

ご覧になれるかな~。。。


DSC_0055_20130106180738.jpg
お母さんの背中

フカフカと、ブルーをおびた素敵な毛です。

みんな、貴重な姿を見せてくれてありがとう♪
おやすみなさい。。。

原産地オーストラリアのある場所で見たときは、
網を張った小屋に、たくさんのコアラが眠っていた
のですが、暗くて良くみえませんでした。

こちらの動物園がドームにたった3匹なのに対し、
過密状態だった記憶があります。

今回は磨かれたガラス越しに、はっきり姿を
見ることができ、「日本の動物園、やる~!」と
うれしくなりました。

それだけではなく、豪州では観光客のために
眠っているコアラを起こし、
抱っこしていっしょに撮影、というサービスが
ありました。

できれば、やめて頂きたいものです。
(人間の手などの消毒もありませんでした。)

ワンニャンが特別人間と暮らせる種類なのであって
その他の動物は、接触で強いストレスを受けます。

ワンニャンだって、赤ちゃんや幼い子を
親から引き離すのは、心身共に危険です。

動物園で、テレビ撮影のため、
たった4時間引き離された
キリンの母子が相次いで命を落としました。

(TV番組の放映は中止となりました。)

キリンの親子の死亡(←クリックしてね。)

日本でも、ライオンの赤ちゃんなどの、
「抱っこして記念撮影」の人気サービスがありますね。

子供は瞬間とても喜ぶけど、
ほんとうに必要でしょうか?

子供は見るだけでも、ぞんぶんに興奮して
楽しむ能力をもっています。

大人がちょっとヒントを出して、
人間とはちがう生態を知ることの方が
はるかに深く響きはしないでしょうか。

どうしたら、同じ地球でいっしょに楽しく暮らせるか、
未来をつなぐ小さなひとたちに、
考えてほしいのです。

職員さん方は、たいへん工夫されております。
動物園はもっともっと、良くなれると思います。

コアラさんたち、
夜はお庭に出て、遊べるのかな。
だといいな~。。。



◇   ◇   ◇   ◇   ◇   ◇



本日もご訪問、ありがとうございます♪



スポンサーサイト

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
Secre

プロフィール

スロ

Author:スロ
◇ ◇ ◇ ◇
埼玉南部在住。

頸椎症で人並みに
動けませんが、
何かできることが
あるはず。。。

家族は主人、
殺処分を免れた
Gシェパードと
ミックス猫2匹です♡

ブログ内の情報は
自己責任にてご利用
願います。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。