スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

落ち着け⇒ 自分!

2013年7月14日(日)

「ペットショップへ行く前に。。。」
保護犬猫ちゃんたちに応援のポチ、頂ければ幸いです。

「モップくんの、里親さまに届きますように。。。」
にほんブログ村 犬ブログ 犬 里親募集へ
にほんブログ村
今朝の順位⇒ 128位でした。

「レンくんの、里親さまに届きますように。。。」
にほんブログ村 猫ブログ 猫 里親募集へ
にほんブログ村(←1日1クリックまで有効です♡)
今朝の順位⇒ 74位でした。

応援クリック、ありがとうございます!


◇   ◇   ◇   ◇   ◇   ◇


つい先日、主人に聞いた話。

お仕事でご一緒した方が、ワンちゃんに
噛まれてしまったそうです。。。(><)



犬種は柴犬、ご自分の犬です。

スロの周りでも、柴犬と柴犬ミックスによる
人・犬への咬傷事故が多いです。

これに関する過去記事は
映画「ひまわりと仔犬の7日間」(←クリックしてね。)

データレスなネット風評ですが、一説には
「柴犬・噛みつき事故数ナンバーワン」とか。

(大型犬のように大きなケガにならず、
警察にも届けられないのだと思います。)

これについて、柴犬を愛する方々は
どうお考えなのでしょう。。。
ご意見を聞いてみたいです。

スロとしては、何とか未然に防ぐ手立ては
ないものかと思うのですが。。。

「当店は柴犬お断り」というトリマーさんの
書き込みもありました。
(口輪では解決しないのかな?)

なんと、訓練所やドッグトレーナーさんでも
断るところがあるようです。

「自分の見てきた限り、日本犬のかみつきは直らない」
という訓練士さんのお言葉も聞いたことがあります。

犬種は異なりますが、ある獣医さんによると、
「ミニピンは3大危険犬種の1つ」。
あとの2種が気になる。。。

冒頭の方の、噛みつきに至る状況までは
聞けなかったそうですが、
スロ経験を上回る「11針」~。(涙)

しかしこれはきっかけに過ぎず、
今後のワンちゃんとご一家、
またその周囲の方とワンちゃんたちが心配です。
(´・ω・`)

この心配に関する過去記事は、
キケン!伸びるリード!!(←クリックしてね。)
をご覧下さい。

<ワンちゃん豆知識~ U^ェ^U>

「ぼくたちに噛まれたら、
ひっぱると傷がひどくなるよ!
離すまで動かないで待ってね!」

はい、次からそうします。(TT)

今日のお題は、「自分」(笑)。

(長く、お聞き苦しい点があるので、
一部すっとばして、
下の方のモップのところだけ読んで頂いた方が
良いかも。。。)

先日、ひどい咳で初めての病院に伺いまして。

清潔で、先生・スタッフのみなさんの対応も
思いやりがあり、苦しみつつも快適で助かりました。

ただ一人の、看護婦Aさんの対応を除いて。


DSC_0005_20130713095325.jpg
このお薬、神!

苦しいは、ノドは痛いは、眠れないは、
地獄から救ってくれました。感謝~。


スロの検査の担当になったのですが、
どうも新しく配属になった方のようです。
(年は同世代かも~。→ 中年)

スロも呼吸器の検査は初めて。
なので具合が悪い中、必死に説明に耳を傾け、
指示に従いました。

しかし声こそ大きく(やや大きすぎる)
はっきりしているものの、
感情がこもっておらず、早口で棒読み。
また、こちらの反応をまったく確認していない。

しかも、すごーくあわてているのが
見てとれます。

不自然な様子に不安を感じていると。。。

「そんなに強く吸わなくていいです」

は?
これまでの看護師さんなら
「もう少し弱めに吸って下さい。」です。

この口の聞き方、どうよ。。。
と思っていたら、

いきなり「待って!!!」
腕をどつかれビックリ!(@@)
しかも別な検査でも、もう一度。

ご本人に悪気はない事は、分かりました。
必死な様子が伝わってきましたので。

でも、どつかれたの、生まれて初めて。。。(TT)

今までお世話になった看護師さん方は、
こういう場合そっと肩に手をあてるなど、
最大限に配慮して下さっていたため、
(具合が悪いもので)かなりショック。

しかしそれだけでは終わらない、A看護師さん。

どうやら薬の吸入後の検査の結果が
想定通りでなかったらしく、
2回やらせたあげくに、
「もう一回やりますか?」

「。。。。」(→ キレかけてるスロ)

しかし、静かに大人の対応をしましたよ。
「いいえ、結構です。」

すると「もう一回やって頂きたいんですけど。。。」

最初からそういえよ。。。(-"-;)

とは言わずに、やってあげました。
内心、速攻帰ろうかと思いましたが。
ていうかこの検査なくても、診断つくでしょ!

(こういう時、決断が鈍いスロ。
自分は「変なオバサン」と思われてもマッタク
気にしないのですが、ほかのスタッフの方々に
迷惑が及ぶかと思いまして。)

仕上げにAさん、
他の看護士さんが採血をして下さってる間、
せまい処置室の真ん中でどっかり椅子に座り、
足を投げ出してため息ついてます!

「フー。。。!」

それはこっちのセリフだヨー!

横で、みなさんコマネズミのように忙しく
働いているのに???
肺ガンで通院している患者さんが
薬の吸入をしているのに???

「今後Aさんの担当で検査をするなら、
こちらの病院にはお世話になれない」

傷つきながら帰宅後、ハッキリした
自分の気持ち。

「他のみなさんに、どんなに症状を軽くして、
楽にして下さったことに感謝していても」です。

そこで次の診察で先生に了解頂き、無事解決~♪

モンスター患者にならないよう、
言い方は選びました。

「新しい看護婦さんだとパニック発作を起こして
ご迷惑おかけするかもしれません。」→ ウソ

先生は一言、「ではベテラン看護師に」。
ホレチャウぞ先生ー!

この解決までの間、つい思い出してしまい
「同じ目に合わないためには、どうすれば。。。」と
苦しい気持ちだったのですが、ふと気づきました。

「Aさんて、モップに対する自分だ!」と。

今、おさんぽの後の足ふきにやや抵抗するので、
できるだけ速やかにできるよう
練習しているのですが。。。

犬のことを知らず、頭が悪く、不器用な自分。
一生懸命なのはいいが、あわてまくった状態で
モップに指示する自分。

モップは、驚くは混乱するは、
最後は「もうイヤ!」という気持ちになって
当然です。

しかも、スロと違ってモップには、
逃げるところも行くところもありません。
別の保護者を選べません。


そのモップに、なんというヒドイ対応を
してしまったのか。。。(涙)

「ごめんね、モップ!」(><)

毅然とした態度は大事ですが、
その根底はゆるがない愛がなくては
なりません。

スロは単に、山のような家事が頭にちらつき、
早く次の作業に移りたくて、
イライラと恫喝的に指示していたのです。

いやはや、
「苦手な人は人生の先生」という言葉がありますが、
良く言ったものだな~と感心感心。。。

とにかくモップに接する時は、
「まず落ち着いて!」そして「愛を以て!」


(Masumiさんの哲学、タフ・ラブですね。)

これを心掛けて参りたい所存ございます。

すべてではありませんが、実際これで
うまく行くことが多いように感じるのです。


DSC_0017_20130713095325.jpg
あんよふくの?


DSC_0015_20130713100013.jpg
ボクこわいんだ。。。


DSC_0009_20130713100012.jpg
でも。。。がんばるよ。おにいちゃんだから!

くだらない個人的体験、
ご清聴ありがとございました。(照~)



◇   ◇   ◇   ◇   ◇   ◇



本日もご訪問、ありがとうございます。<(_ _*)>



スポンサーサイト
Secre

プロフィール

スロ

Author:スロ
◇ ◇ ◇ ◇
埼玉南部在住。

頸椎症で人並みに
動けませんが、
何かできることが
あるはず。。。

家族は主人、
殺処分を免れた
Gシェパードと
ミックス猫2匹です♡

ブログ内の情報は
自己責任にてご利用
願います。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。