スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

しつけに向かない伸びるリード

この記事の内容は過去記事
★キケン!伸びるリード!!(←クリックしてね。)
に書いたものです。

が、あまりに~も長いので独立させました。
内容は若干、加筆・修正しております~。



Masumiさんのメルマガで
少しはお勉強した初心者スロ。

のびるリードに関する
素朴な疑問が2つございます。

①しつけに悪影響があるんでないかい?

なんと犬は、リードの長さを
意識することできるそうです。
(犬の能力、あなどれません。)

それを示すのに、
おさんぽのリードが短くなると
神経質になってしまうワンちゃんも
いるそうです。

もっと顕著な例でいうと、
つながれている犬はそうでない状態より
明らかに警戒心が強くなります。
(結構、身近でも体感できます。)

「逃げられるのは、ここまでか」、と。

お庭で番犬をしているワンちゃんが
必死で吠えるのは、「自分のテリトリー内にいて
強気になっているから」だけではないのです。

スロはMasumiさんのメルマガに出会って、
犬が「リードの長さを意識して散歩する」のが、
楽しい散歩だと学びました。

(表現はMasumi師匠のお言葉とは
ちょっとちがったかも。。。)

リードの長さへの意識は、
「飼い主さんに向ける意識」でもあると。

けしてTVで見るおりこう犬?のように、
ガチガチに飼い主さんに意識を集中させる
必要はないのです。

飼い主さんをガン見しながら、
(電柱にぶつかりますがな)
体をぴったりくっつけて歩いたりする
(季節柄暑苦しい。。。)のではなく。

ほどよく相手を意識して歩いてこそ、
楽しい分かち合いのひと時であーる。

家族ですから、時々「楽しいね!」と
微笑み合いながら、いっしょに歩くのです。

(モップはほんとうに、これが上手です♡)
(↑バ仮母)

リードの長さを意識するから、
「おかーさんといっしょに歩くには
どうすればいいか」を身につける訳で。。。

ほぼ行きたい時に、行きたい方向に
動けてしまうのびるリードを
常時使っている限り、

犬は永遠に、「ゆったり楽しいおさんぽ」を
学ぶチャンスを得ない
ように思います。

②のびるリードの利便性ってなんだべ?

(※ 公園などで、ボールやディスク遊びに
利用するのを見たことがあります。
スロは不器用なので、できませんが。)

スロなら冗談でもリードが伸びたら、
おそろしくておさんぽできません!ヽ(ヽ>ω<)

シェリーもモップも問題なくおさんぽ
できる犬ですが、
それでもそんな恐ろしい機能はお断りです。

道路は公共のものであり、
常に人・自転車・車と行き交う場所です。

人口密集地では事故に至らなくても、
こちらが気が付かなくても、
「ヒヤリ」「ハッと」ということは
常にあるはず。

スロ自身が不器用で、どんなに気を使っても、
周囲に迷惑なく犬をハンドルできているとは
思えないのです。

さらに犬が少しでも離れてしまうと、
犬のそばの状況がわかりにくいです。

汚いものを踏みそうになったり、
拾い食いしそうになったりするのに気付きにくく、
未然に合図でやめさせるのが難しくなります。

んなわけで我が家では、
リード=命綱なんです!

さて利便性。もしかして、
犬が臭い嗅ぎをしたい方向へ引っ張るので、
それがイヤでリードを延ばすのかな?

(この「イヤ」という気持ちはわかります。
ヒジョーにムッとしますので、スロは
犬さまに引っ張らないようにして頂く方を選びます。)

そして臭い嗅ぎをしている間に、
人間が追いつく。
その繰り返しの、おさんぽ。

これ、共同作業じゃないですよね。。。?
分かち合いじゃないですよね。。。?
家族(群れ)の楽しい時間じゃないですよね。。。?

「臭いへの突進(=ひっぱり)に夢中」
「臭い嗅ぎに夢中」
「マーキングに無我夢中」

ワンちゃんの意識に、
飼い主さんの存在がまったくありません。


「飼い主に意識を向けない」は、
→「飼い主のコマンドに従わない」
にもつながります。

※ この辺りの正しい解説は、
Masumiさんメルマガ(←クリックしてね。) にてぜひ!

(おおまけヒント・・・かなり初期号に出てきます。)

犬の一方的な欲求を
つぎつぎ満たしているだけで、
相手は飼い主さんでなくとも、
「誰でもよかったのね!」(涙)状態です。

人間の食事に例えるなら、
咀嚼も不十分に、
がーっと書き込むようなイメージ。
(それで飼い主さんが良いならいいんですよ!)

栄養は摂れ、食欲は満たされますが、
胃腸に悪いし、満腹中枢が刺激されるのが遅れ、
食べ過ぎてしまいます。

スロ家では、会話を楽しみ、お互いにマナーに
気を配りながらとる食事のような、
おさんぽがしたいのです。

もちろん、臭い嗅ぎもマーキングも許可します。
(おさんぽ順路のリクエストにも、相談応じます。)

ただし、極力迷惑のかからない場所を選びます。
(詳しくは過去記事★マーキングにはEM菌に。
クリックでとびます。)

スロだって、自分の犬にひっぱられたら
不愉快でたまりません。

しかし上記の通り、
伸びるリードを使うのは恐ろしいので、
「引っ張らせない方法」を学びました。

各ワンによって対処方法が異なりますのが、
ここでその方法をご説明できない理由です。

教えて下さったのはMasumiさん&ファミリーです。
(左欄のリンクからとべます。)

お蔭さまで、おさんぽ最高に楽しいです!
しあわせ~♡♡♡
*・゜゚・*:.。..。.:*・'(*゚▽゚*)'・*:.。. .。.:*・゜゚・*



◇   ◇   ◇   ◇   ◇   ◇



本日もご訪問、ありがとうございます。<(_ _*)>



スポンサーサイト

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
Secre

プロフィール

スロ

Author:スロ
◇ ◇ ◇ ◇
埼玉南部在住。

頸椎症で人並みに
動けませんが、
何かできることが
あるはず。。。

家族は主人、
殺処分を免れた
Gシェパードと
ミックス猫2匹です♡

ブログ内の情報は
自己責任にてご利用
願います。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。