スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オープン・ガーデン N邸

お天気にも恵まれた一昨日、N邸のオープン・ガーデンの
お招きに預かりました。(スロ感激!)

ご夫妻に許可を得て、写真をアップさせて頂きます。
うきうき気分で、しゅっぱ~つ♪

まずはエントランスから、拝見。
「こんにちは~♡」


DSC_0073_20120519221301.jpg
スロのすきな、白~ブルーのコーナー。


DSC_0080.jpg
こちらも。。。


DSC_0084.jpg
渋かわいい、バーバスカム。


DSC_0087.jpg
アップ。

カラーは3種、とても似てるのですが、微妙にクリームとピンク、
そしてこちらのアプリコットがありました。


DSC_0086.jpg
だいすきな、アプリのジギタリス♪ 素敵なオルラヤと。


DSC_0085.jpg
さわやかな、白~黄色のコーナー。


ここからは、温室です。


DSC_0088.jpg
フワフワのブルーはギリアかな?白いお花はシザンサス。


DSC_0090.jpg
西洋オダマキ。大きな株で、雰囲気たっぷり。


DSC_0094.jpg
ガラス細工のよう。。。


DSC_0098.jpg
妖精の国に、迷い込んだようです。


DSC_0101.jpg
流れ星のような、ふしぎな形。


DSC_0102.jpg


DSC_0103.jpg


DSC_0089.jpg
アンブリッジ・ローズ。(ER)芳醇なミルラの香り。

雨がかからない上、虫も少ないので、バラも病害虫しらず。


DSC_0092.jpg
こんなごく普通のつぼみが。。。


DSC_0095.jpg
コロンコロンに!

どうしても信じられません。高速撮影で見てみたいな~。


DSC_0097.jpg
こんなカップ咲きにも。


きっとつぼみの中には、人をしあわせにするエッセンスが
つまっていて、開くとみんな、うっとりしちゃうんだと思うのです。


さてここから、やっと門の中へ。「おじゃましま~す!」
まずは玄関までの、アプローチです。


DSC_0105.jpg
ERグラハム・トーマスと、つるアイス・バーグ。


DSC_0108.jpg
オダマキのお嬢さんたちにアタックする、つるアイス。


DSC_0106.jpg
お名前不明だそうです。花径5cmほどで、とってもかわいい!


DSC_0107.jpg
パウダー・ピンクとでもよぶのでしょうか。

花期(まだ咲きはじめ)と香り、明るい葉色から、
アルバのフェリシテ・パルマンティエかな~?

お写真には撮りきれなかったのですが、開きはじめは白。
2色の濃淡が、いっそうロマンチックな雰囲気を高めます。


ついに、主庭へ!


DSC_0109.jpg
まず目に飛び込んでくるのが、ルイーズ・オディエ。


DSC_0152.jpg
アップ。


DSC_0124.jpg
パーゴラとベッドをミックスしたような、独自の仕立てです。


DSC_0110.jpg
枝先を自然な感じに誘因されているのが、たまりません!


DSC_0111.jpg
スパニッシュ・ビューティのパーゴラ。

お庭中央と、ガゼボをバラの天蓋が覆います。
風が吹くと、バラの花びらのシャワーです♪


DSC_0151.jpg
ひらひらと、フラメンコのドレスのようです。


DSC_0123.jpg
角度を変えて。


DSC_0126.jpg
こちらからも、撮らせてね♪


DSC_0113.jpg
深紅のハイブリッド・パーペチュアル2種のベッドです。


DSC_0130.jpg
スヴニール・ド・ドクトール・ジャマン。


DSC_0140.jpg
バロン・ジロー・ド・ラン。白い覆輪の伊達男爵。


DSC_0127.jpg
枝先は、遊ばせて。

どちらも色にふさわしい、濃厚な香りです。


DSC_0114.jpg
あまりみかけない、アザレア咲の金魚草。


DSC_0149.jpg
左上部から、マダム・アルフレッド・キャリエール。

早咲きですが、何とか間に合いました!
ノワゼットとは意外なほど、たくましい木のバラです。


DSC_0125.jpg
強くはないのですが、よい香りがします。


ご自宅の壁面から、パーゴラに仕立ててらっしゃいます。
大きく育ち、うなだれるお花に、ぴったりの仕立てだと思います。


DSC_0115_20120519233310.jpg
こちらにも、西洋オダマキ。幻想的です。


DSC_0121_20120519233309.jpg
ゴールデン・ボーダー。

1ステムで、ブーケに!
修景バラなので病害虫に強い。

そして修景バラなのに、あまくさわやかな香りまである、
なかなかえらい子ちゃんなのです。


DSC_0139.jpg

マダム・ハーディ。(ダマスク)


お花はこれから、満開を迎えます。
甘味のない、レモンのさわやかな香り。


こちらのお庭ではほとんどのバラが、3mを超えています。
ハーディも弧を描いて、お池の上の天蓋となっています。


DSC_0141.jpg
飾りがくに包まれた、つぼみも芸術的。(ピントは~)

ご主人の一番のお気に入りだそうです。納得!


DSC_0120_20120519234550.jpg
コント・ド・シャンボール。(ポートランドローズ)

良い香りです♪


DSC_0116.jpg
外側と内側の花弁の色の対比も、美しいですね。


DSC_0133.jpg
モーティマー・サックラー。(ER)


DSC_0137.jpg
枝はワイン色、葉はツヤのない深緑で細めです。

香りもよく、ほしくなってしまいました。。。
(ほったらかしのクセに、よく言うな~)


DSC_0145.jpg
コーネリア。(ハイブリッド・ムスク)

パーゴラの外壁と、中にも枝垂れています。


DSC_0143.jpg
サクランボみたいなつぼみも、かわいいですね。


広いお庭はブラック・ベリーや柿などの果樹や、家庭菜園もあり、
ポタジェとなっています。

ほかにもいろんな植物があったのですが、ご紹介しきれず
ごめんなさい。

お花のお世話は、すべてご主人です。
フェンス・パーゴラ・ガゼボに至るまで、ご主人の愛情こもった
手作りです。

またご主人は、まず草花の苗を購入されることなく、
輸入の種から育てていらっしゃいます。(すごいです。。。)

バラは、農薬どっさりという印象が強いですが、
病気予防のお薬のみを使われ、虫はいっしょうけんめい
テデトール(手で取る)されています!

この美しいお庭が、未来永劫存在してくれますよう、
願わずにいられません。

なにぶん腕が未熟で、素晴らしさを十分にお伝えできず、
申し訳ございません。。。

Nご夫妻、夢のようなお時間をほんとうに
ありがとうございました!
スロはしあわせものです~!!

帰りには、こんな素敵なおみやげまで頂いてしまいました♪


DSC_0103_20120520112723.jpg
N夫人の作品。


DSC_0105_20120520112722.jpg
濃紫は、あまり見かけないファセリア。

デルフィニウムのような青花種もあって、葉に香りがあります。

これから邸宅のバラは、少し遅咲きのナエマ、ウーメロ、
ホワイト・メイディランドなどが、花季を迎えます。


保護猫ちゃんたちに応援のポチ、頂ければ幸いです。
(↓一日1クリックお願いします♡)

にほんブログ村 猫ブログ 猫 里親募集へ
にほんブログ村

いつもありがとうございます。



スポンサーサイト
Secre

プロフィール

スロ

Author:スロ
◇ ◇ ◇ ◇
埼玉南部在住。

頸椎症で人並みに
動けませんが、
何かできることが
あるはず。。。

家族は主人、
殺処分を免れた
Gシェパードと
ミックス猫2匹です♡

ブログ内の情報は
自己責任にてご利用
願います。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。