スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ドッグラン、楽しい?

2014年3月5日(水)
あなたのワンちゃん、ドッグランすきですか?



ペットショップへ行く前に。。。」
保護犬猫ちゃんたちに応援のポチ、頂ければ幸いです。

「モップくんの、里親さまに届きますように。。。」
にほんブログ村 犬ブログ 犬 里親募集へ
にほんブログ村
今朝の順位⇒ 117位でした。

「レンくんの、里親さまに届きますように。。。」
にほんブログ村 猫ブログ 猫 里親募集へ
にほんブログ村(←1日1クリックまで有効です♡)
今朝の順位⇒ 86位でした。

応援クリック、ありがとうございます!


◇   ◇   ◇   ◇   ◇   ◇


今日のモップ~♪


DSC_0008_20140305224214172.jpg
「みなさん、こんにちは~❤」


DSC_0006_201403052242155b1.jpg
「え、これ何かって?

マナーベルトだよ。えっへん!」

そうなんです、こちらは
保護ワンのために材料費だけで
マナーベルトなどを作成して下さる
慈悲深いはなママさんが

オーダーで作って下さったものなんです!

「迷彩柄がワイルドでしょ~?」

モップの室内マーキング対策の
つよ~い味方です。


★はなママさんのサイト(←クリックで飛びます。)


DSC_0005_20140305224215a37.jpg
「え、オムツ?!」

「ちがうよ!おにいちゃんベルトだよ!
失礼だな~プンプン!( • ̀ω•́ )」

まあまあ、モッくん落ち着いて~。(笑)
 
さてドッグラン、モップはたぶん
スキではありません。

どっちかといえば、
怖い場所に感じると思います。

そのため一度も、
連れて行っておりません。

家での生活に慣れてきたら
「ぜひ!」と思っていたのですが、

観察するうち「モップは喜ばない
だろうな~。。。」と感じ始め、

やがてそれは、確信に変わりました。

たくさんの知らないワンちゃんが
オフリードで走り回り、
近づいてくる場所ですから、

モップにとって「怖い場所」に
過ぎないだろう、と。

と、申しますのも。。。

我が家に来た当初から、シェリーとは
ずっと前から一緒にいたかのように
友好的でした。

それでも、未だにモップからシェリーへの
臭いかぎは一瞬で、
じゃれて遊ぶこともありません。
(シェリーからも同様~。)

モップがいっしょに走り回ったり、
じゃれて遊びたい相手は、
今のところ人間だけのようです。

おさんぽで会うワン友さんに対しても
同様です。

モップはしっぽを振っていても、
相手が近すぎる(´・ω(・ω・`)と感じると、
すぐ距離を取ります。

(逃げるとも言います。笑。)

小さく「ワン!」と一言でる時も
ありますが、攻撃性はありません。

いっしょに暮らしてもうすぐ一年、
犬をかもうとした事は一度もなし。

どーやらお外でのモップは、
Masumiさんのおっしゃる
「スペースの必要なタイプ」のようです。

(家族と認識したシェリーとは、
くっついて寝ています。)

それでも、ほかのワンちゃんと
淡い交流することはやはり大切で、

モップにも良い刺激になっていると
思っています。

注意して見ていますが、
「それすらイヤ!」のサインは
出てないように見えます。

もちろん、これは人間のもってき方次第、
「ドッグランすき犬」に変わる
可能性はあります。

しかしスロにはそこまでの力がなく、
またモップに変化を望んでいないため、
現在はこのままで様子を見ています。

実際、ランでよそのワンちゃんを見ていると、
「このワンちゃん、ここでは
楽しくないんじゃないかな~」
と感じることが度々あります。

例えば、飼い主さんとボール遊びを
している子がいるのですが、
他の犬が近づくたびに「ギャイン!」

この気質のワンちゃん、数は少ないですが
珍しくないです。
(犬種はご想像下さい。)

先日は、それだけではすまない
場面に遭遇しました。

シェリーもその子(仮名、Aくんとします)の
ボールがほしくて近づいたのですが、
そこは年の功。

人間でいえば90才近いため、
怒られても右から左に、
受け流すことができます。

しかし表現によっては、中には
受け流せない子だっている訳で。。。

ある若いワンちゃんはムキッとなり、
「ワン!」と応戦。

これを聞いた他の犬たちが
加勢に加わり、
ワンワンすごい騒ぎに!(@@)

あわてたAくんの飼い主さん、
孤軍奮闘の自分の犬を守ろうと、
抱き上げてしまいました。

じつはこれ、ベテラン飼い主さん方によると
キケンなことだそうです。

抱き上げられた犬は強気になり、
ますます敵意むき出しに。

これが他の犬たちの興奮を煽り、
だっこされた犬に飛びつかんばかりに
威嚇します。

(攻撃ではなく、あくまでデモ行為です。)

人が犬をだっこした状態で
大型犬に飛びつかれたら、

(犬の方は危害を加える
つもりはないのですが)

転倒して怪我をしかねません。

ではどうすれば良いかというと、
スロにも分かりません。。。→ オイ!

双方の飼い主さんが各自の犬を
興奮させないよう予防し、

運悪く興奮してしまったら、
小さな火種のうちに消す。


Masumiさんに学んだことですが、
実践で学んでおりません。

「犬どうしなら、それほどのケンカに
ならないので、手を出さない」

というご意見のベテラン飼い主さんも、
複数いらっしゃいます。

初心者で経験もないスロには
何とも申せません。。。

(実際にはフリーズしてしまうと思います!)

今のところは1に予防、2に予防、
しか頭にございません。

ランはオフリードで運動できる場です。

でもそれは、 知らない犬ともそこそこ
付き合いができ、
なおかつ
飼い主も犬を監督できている上での
お話。。。

こんなドキドキの場面に遭遇するたび、

「やっぱりモップはランではなく、
公園で遊んでる方がしあわせだろうな~」
と思うスロなのでした。



◇   ◇   ◇   ◇   ◇   ◇



本日もご訪問、ありがとうございます。<(_ _*)>




スポンサーサイト

No title

私はドックランを利用したことがないのですが、漠然と、ランではおやつとおもちゃは厳禁だと思っていました。犬種によってはまた、そのわんの状態によっては流血になること必須だと思っていました。でも、おもちゃ、OKなんですねーびっくりでした。

ようこそいらっしゃいませ~!

春のお忙しい中、お寄り下さって
ありがとう~♪(*^^*)

さすが、ベテラン犬ママ・かほりんさん!
私など、代々木公園ランが
ボール・おもちゃ等禁止と聞いて、
ポカンとしたくらいのビギナーです。(笑)
(まあオヤツは常識内ですよね~。)

米国では基本、未避妊・未去勢では入場禁止、
ボール等禁止・リード禁止のようです。
いずれも事故勃発に繋がる要素ですね~。
Secre

プロフィール

スロ

Author:スロ
◇ ◇ ◇ ◇
埼玉南部在住。

頸椎症で人並みに
動けませんが、
何かできることが
あるはず。。。

家族は主人、
殺処分を免れた
Gシェパードと
ミックス猫2匹です♡

ブログ内の情報は
自己責任にてご利用
願います。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。