スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

迷子犬事件ふたたび 

2014年3月29日(土)
先日、無事帰宅した迷子犬が、またー!



ペットショップへ行く前に。。。」
保護犬猫ちゃんたちに応援のポチ、頂ければ幸いです。

「モップくんの、里親さまに届きますように。。。」
にほんブログ村 犬ブログ 犬 里親募集へ
にほんブログ村
今朝の順位⇒ 104位でした。

「レンくんの、里親さまに届きますように。。。」
にほんブログ村 猫ブログ 猫 里親募集へ
にほんブログ村(←1日1クリックまで有効です♡)
今朝の順位⇒ 64位でした。

応援クリック、ありがとうございます!


◇   ◇   ◇   ◇   ◇   ◇


例によって、記事関連写真がなく、
白三毛クーちゃんなどご覧下さい。
(^^;)


DSC_0020_201403282326212fd.jpg
自分の3段ケージの上で、
くつろいでいます♪


DSC_0004_20140328232620f3a.jpg
ころん、ころん。。。ゴキゲン。(*^^*)


DSC_0012_20140328232621f59.jpg
「ん?」


DSC_0014_20140328232620954.jpg
チラ見。。。


DSC_0005_201403282326196ca.jpg
「おかーさん、みてたの?」


DSC_0008_201403282326194c8.jpg
「。。。。」


DSC_0001_20140328232827196.jpg
「すぴー。。。」

ぷはは、ねむっちゃいました❤

では、若干血圧の上がるお話を。。。


迷子事件の過去記事は
→ ★こちらです(クリックで飛びます。)

◆ ワン先輩のAさん(仮名)に、
偶然おさんぽでお会いした時、

「あの子また、ひとりで外にいたのー!」と
ぶっとびのおしらせを頂きました。

そんニャばかニャ!
まだ事件の日から、一週間です。

もう飼い主さん、2度と迷子に
させないはず
と思っていたのに。。。

あの日の私の
心配は
奔走は
時間は、

なんだったのー!!!
<(゚ロ゚;)>ノォオオオオオ!!

ショックなのはもちろん、
プードルちゃんの今後を思うと、
すっかり暗澹たる気持ちに。。。

やはり、悪い予感は当たっておりました。

飼い主さんは、お世話が困難な
ご様子。。。(TT)

◆ 前回の事件のさなか、じつは
申し訳ないと思いながらも、スロは
Aさんに相談してしまいました。

動物とはいえ、命を左右する件です。

お聞かせするだけでも、
相手の方の心に重荷を背負わせる
事に。。。

しかし弱いスロは、迷った末
おすがりしてしまいました!
(><)ゴメンナサイー

結果として、幸運にも飼い主さんが
見つかったため、

巻き込んでしまったAさんにも
安堵して頂けたからまあ良かった、
なはずだったのです。

◆ 今回Aさんのお話では、朝9時前、
前回同様リードをつけたまま道路に
出ており、

両手で自転車を支えたまま、
足でリードを踏んでワンちゃんを保護
されたそうです。

数メートル先は、車がスピードを出して
行き交う道路!


インターホンをならしても、
ドアをたたいても、
大声で呼んでも飼い主さん応答なし。

お耳が遠いのか、
お加減が悪いのでしょうか?

そのためお庭に回ると、

縁側はトイレになってしまっており、
ワンちゃんを座らせる事もできず、
容器には変色してしまったお水。。。

Aさんがなんとか縁側を掃除し、
容器を洗ってお水を交換してると、
飼い主さんが出てこられたそうです。

◆ 前回スロが保護した時、
ワンちゃんの被毛は、一瞬触るのを
躊躇するほどの汚れでした。

(皮膚の炎症も起こしているようで、
目の周りが赤く、しきりにかいていました。)

その時予測したことは、

(劣悪ブリーダーは別として)
飼い主さんは、体力がないご高齢の方。。。

ご高齢でなければ、病気や障害で
掃除などにも手が回らない人
→ スロの事だー
であろう、ということです。

室内飼のトイプードルがあそこまでの
状態になるという事は、

お部屋の中の様子も、それに準ずる
であろう想像がつきます。
(→ まさにスロ家!汗。)

◆ ワンちゃんをなんとか助けたい。 

そうはいっても、スロ自身、
自分が助けて頂きたいくらい
の状況です。

(時間がなくて、時間がなくて、時間がないんですー!涙)

迷子札や係留リードをプレゼントしたり、
リードの係留の仕方を講習するなど

一時的なちいさなお手伝いは
できても、

ワンちゃんの皮膚炎等の通院や、
トリミングなどのお話を進めるといった
継続的な支援はとてもできません。

まちがいなく、我が家崩壊です!
ノ)゚Д゚(ヽヒョエーーー


◆ ご高齢の方がさみしくないように、
老化防止に。。。と

家族・親族が犬猫をプレゼントした
というお話はよく耳にします。 

それ自体を否定するつもりは
ございません。

ただし。。。

飼い主さんによるお世話が
難しくなった場合に

プレゼントされた方は
代わって最後までその子のお世話する

覚悟を持って頂きたいと切に願います。

そうでなければ、動物たちは

飼育が行き届かず病気、
または迷子になり交通事故や保健所収容、
もしくは預かり先を転々とするなど、

悲惨な状況に陥ったあげく、
高い確率で命を落とすことになります。

ボランティアが必死になっても
一生を託せる里親さんを見つけるのは、
ほんとうにむずかしいことなのです。

だからこそ、年間十数万匹の犬猫が
数十億の税金
で殺処分されている
現実があります。

安楽死ではなく、苦しみながらの
ガスによる窒息死です。)

おわりに、最近お聞きしてうれしかった
とあるご家族のお話。。。❤

体調を崩された親御さん、そして
ご自分たちがプレゼントしたワンちゃんとの
同居を開始されたそうです。.:*・゜○.。.*・

心より、ご一家のおしあわせを
お祈り申し上げます!(*^^*)



◇   ◇   ◇   ◇   ◇   ◇



本日もご訪問、ありがとうございます。<(_ _*)>



スポンサーサイト
Secre

プロフィール

スロ

Author:スロ
◇ ◇ ◇ ◇
埼玉南部在住。

頸椎症で人並みに
動けませんが、
何かできることが
あるはず。。。

家族は主人、
殺処分を免れた
Gシェパードと
ミックス猫2匹です♡

ブログ内の情報は
自己責任にてご利用
願います。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。