スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ひさびさの舎人ラン

2014年10月23日(木)
10月2週目の週末です。




春以来の、舎人です。

とても穏やかなお天気な上、

無駄吠えやマウントなど
しつけ・マナーのなってない飼い主
は見当たらず、

平和で、たいへん幸せなひとときでした。
(*^^*)

犬じゃないです、悪いのは!
ランで友好的に過ごせない犬を
迎えたのであれば、

ランなんか行かなければ
いいだけです。
「ラン=犬のしあわせ」にあらず!


さてシェリーは。。。


DSC_0027_20141022164850753.jpg

おともだち(ハスキーちゃんかな?)
が来てくれているというのに、


DSC_0028_2014102216485025f.jpg
「トコトコ・・・」

いうのに~。。。(´・ω・`)


DSC_0030_201410221648493ad.jpg
「ワクワク♪」


ボールをかみしめ、


DSC_0029_20141022164849f15.jpg
「ワクワク♪」


次なる標的(新しいボール)を探し、


DSC_0031_2014102216484873c.jpg
「ワクワク♪」

おどもだち眼中になし!(お約束。)
トホホ。。。


DSC_0032_2014102216484870b.jpg

小さめのコーギーちゃんたち。
仔犬ちゃんかな?

イギリス原産の牧羊・牧牛犬、
コーギー。
ユーモラスな外見とは裏腹に、

案外気が強く、他犬への吠えが
あり、その声も大きい子がいます。

なぜでしょう???

↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓

「もともとヒーラー(牛や羊などの
かかとに噛み付いて、
吠えながら追いかける
)として
繁殖された犬種のため、散歩中の
飼い主の足に噛み付くこともある。」

★出典 「ウィキペディア」さま
↑ クリックで飛びます。

(ちなみに、牧畜犬のスタイルには
「ヒーラー」と「ストッパー」がある
そうです。)

ハハハ、なかなか勇猛な。。。(^^;)

どーりで、コーギーの飼い主さん
方に避けられてたワケだ。。。

ナゾが解けた気がします。

近づいた時、相手の犬に
吠えたり噛んだりしないよう、
気を配っておられたのだと思います。

飼い主さん、エライ!

もいっこ、コーギーの特性の
ページをご紹介~。
→ ★サイエンス・ダイエットさま
(クリックで飛びます。)

すごいですよね。。。
あれだけ巨大な牛に
踏まれないようにしつつ、
吠えて噛んで追い立てる。。。

(踏まれたり蹴られたりすれば、
大怪我もしくは死亡もありです。)

でもコギちゃんたちは、
フツーに、こわくないのです。

こわがってる性格の子は、
牧畜犬としては、淘汰されて
きているはずです。

(「柴犬のイノシシ・シカ猟」を
思わせます。)

ちなみに牛を移動させるのは
人間ではすごくムズカシイ、

てかほぼ不可能な様子を
TVで見たことがあります。
犬を呼んだら、ものの数分でした!

犬ってスゴイ!
(@@)

スロがご近所の飼い主さん
(被害者側)から聞いたお話、

「こんにちは~♪♪♪」とコーギーに
鼻を近づけたゴールデンちゃんが、

ガブリとやられてホッペタ貫通に
なったそうです。
(※ 上のお写真のコギちゃんとは
無関係です!)


見えちゃったかな~、に。

スロは犬をまだまだ理解して
おりませんし、

現場にいた訳でもありませんので、
どうすれば事故を防げたのか、
なんとも申せません。。。(´・ω・`)

(まあ、近づけないことですか。)

コギちゃんも優秀なヒーラーの
ままの性格では、トラブル続きで
家庭犬として人気が定着しませんので、
(早い話、売れませんので、

最近は外見だけを重視することなく、
おだやかな性格の子を交配親に
選択する傾向にあると思います。

「できるだけ健康で、愛される家庭犬を」
とこだわっている繁殖者(ブリーダー)から
迎えることができるでしょう。

とはいえ、物でなく「生き物」なので
トーゼン人間の思惑通りの
性格の子が誕生しないことも

ございます!

自信がない時は、犬に詳しい
お知合いに同席頂いて、
比較的飼い易い仔犬を
選んで頂くのが安心でしょう。

(素人目にはおとなしそうに見える
仔犬が、じつは神経質で噛み付き
やすい事もあります。)

およそ15年に渡り、家族として過ごす
パートナーを選ぶのですから、

ここを面倒がると、後々たいへん
苦労される事になるかもしれません。

その場合、たいへんなのは
飼い主さんだけではなく、
犬の方も不幸なのです。

人間ができない仕事を代わって行う、
エリート牧畜犬として作られた犬の側に、
罪はあるでしょうか?

飼い主がしつけ&コントロールし、
被害者・加害者にならないように
気を付けていくほかないはずです。

また、わすれないで頂きたいのは、
ショップ・繁殖者(ブリーダー)は
「犬を売りたい」
のです。

(ドッグゴッドMasumiさんがブログで
書かれていた一文です。)

必ずしも、あなたの立場にたった
情報をくれるとは、限りません!

みなさま、ワンちゃんを迎える前に
犬種の性格傾向、かかり易い病気
なども、よ~くお調べ下さいませね~♪



◇   ◇   ◇   ◇   ◇   ◇



本日もご訪問、ありがとうございます。<(_ _*)>




スポンサーサイト
Secre

プロフィール

スロ

Author:スロ
◇ ◇ ◇ ◇
埼玉南部在住。

頸椎症で人並みに
動けませんが、
何かできることが
あるはず。。。

家族は主人、
殺処分を免れた
Gシェパードと
ミックス猫2匹です♡

ブログ内の情報は
自己責任にてご利用
願います。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。