スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

我が家の秋薔薇

2014年10月24日(金)
完全放置、5年目?いや6年目?




それでも亡くなることなく、
お花を見せてくれます。

(品種によっては、日照不足や
病気でなくなる子もいるのです。。。)


DSC_0038_20141024061429845.jpg


DSC_0037_201410240614284fe.jpg

脇役葉は、斑入りヤブラン
= リリオペ(Liriope muscari)。
白い小さなお花も、そうです。

(ヤブランのお花は紫、薄紫が
多いですよね。)


斑入ヤブランDSC_0010
庭でのようす

この子は大ぶりで、葉が30cmほど。
ほかのヤブラン同様、
日陰向きちゃんです♪

斑入りヤブランはヤブラン同様
ユリ科・ジャノヒゲ属ですが、

イネ科のミスカンタス(ミスキャンタス)
の名で販売されていることが多いです。

こちらはススキのなかまで、
お花もススキっぽいです。

このような誤用が、お花の流通では
たまにあります。

例えば、コルディリネの一種が
「ドラセナ」として販売されています。

業界では濃ピンクの子は「赤ドラ」、
緑の子は「青ドラ」といった具合。

日本人に「コルディリネ」は発音
しづらく、

良いニックームも思い浮かばなかった
結果かな~と想像します。


DSC_0024_20141024061428ebb.jpg
実ものは、ネズミモチ


DSC_0025_2014102406142778c.jpg

実が黒くなる前は、マスカットのような
爽やかな印象


DSC_0007_20141024123244895.jpg

薔薇たち、まだポツポツと咲いて
くれていますが、


DSC_0009_20141024125506321.jpg

窓からちょっと目にするとうれしいので、
切花にせず置いてあります。

また、手入れの行き届かない
悪い見本ですが。。。


DSC_0002_20141024123244e03.jpg

オレンジ色の大きなローズヒップも、
(ナエマの)
オンボロ庭を飾ってくれます♪

なんとなく、おいしそう?


ジュリエットの実DSC_0033
スイート・ジュリエットの実は、まんまる~

バラずきのみなさま、今年のおたくの
秋バラの調子はいかがですか?


<オマケ>


DSC_0001_20141024123242231.jpg
「オヤツ?」

なわけないでしょー、朝ゴハン食べた
ばかりです!



◇   ◇   ◇   ◇   ◇   ◇



本日もご訪問、ありがとうございます。<(_ _*)>



スポンサーサイト
Secre

プロフィール

スロ

Author:スロ
◇ ◇ ◇ ◇
埼玉南部在住。

頸椎症で人並みに
動けませんが、
何かできることが
あるはず。。。

家族は主人、
殺処分を免れた
Gシェパードと
ミックス猫2匹です♡

ブログ内の情報は
自己責任にてご利用
願います。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。